www.88music.org

-

-

私がもっとも長く続いた習い事は空手です。毎週二回道場へと通い、心身ともに鍛えていました。 習い始めた当時はまだ小学校の低学年だったので、胴着はすぐには買ってもらえず、しばらく続くかどうか様子を見てから買ってやろうと両親には言われていたので、最初の頃は動きやすい私服で通っていました。すると胴着を着ている周りの人たちがものすごく格好よく見えずいぶんと羨ましいなと憧れたものです。 そして三ヶ月ほど続けた頃にやっと胴着を買ってもらうことができ、初めて胴着を身に着けたときには心から嬉しくなったものです。 もちろんその頃はまだ白帯でしたが、その後昇級試験を受け、白帯から色の付いた帯に変わっていき、最後黒帯になれた時には、言葉では言い表せないほどの喜びを感じました。これでやっと一人前だと思い、その黒帯をした自分の姿を何度も鏡で見返してはにんまりと顔をほころばせたことを、大人になった今でも昨日のことのように覚えています。

Copyright © 2000 www.88music.org All Rights Reserved.