本来であれば必ず客へ保管して頂く紙の方

-

-

クレジットカードをお店にて利用する時に、もれなく経験があるのではないかと思うのだが、レジの担当者が慣れていないことでどちらのレシートを利用者の方に渡せば良いのか迷っている時がある。

クレジットを利用すると、機械からは数枚の使用レシートが印字されるためでありこの明細の中のどの明細をお客さんへ差し出すのか判断できないということがあります。

3組綴りのレシートの意味)この3枚1組の利用レシートの正体とは?ということについてまとめると下の通りとなります。

1利用者へ保管して頂く明細レシート。

2お店の控え利用レシート。

3クレジットカード会社控え明細(サインを書く紙)。

本来であれば必ず客へ保管して頂く紙の方を受け取るはずなのですが、時には違う使用明細を客へ渡すという場合の他、サインした方の使用明細自体を渡してしまうといういう痛恨のミスなども存在します。

このケースはバイトの担当者や通常カードが使われるケースの少ない店頭においてクレカを利用する際、それらのレジ担当者の動揺が見れることでしょう。

仮に店舗従業員が誤った使用明細を提示してきた時にはやさしく「違いますよ」と教えてあげてください。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.88music.org All Rights Reserved.